実務補習2社目を終えて

実務補習15日コースの2社目が終わりました!

実務補習3分の2が終わったとこです。

ちょうど2週間後は3社目が終わる日!

全部を出し切って終わりたいところです。

でもここまで総じて、実務補習めっちゃ楽しいです!

15日コースにしてよかったな、とも思います。

先生もメンバーも15日ともに駆け抜けスタイル。

8時間ぶっ通しで話し合いをしてたら

そりゃ濃い関係になりますよね笑

⭐️2社目のテーマ

班のテーマは「施策の精度を高めること」でした。

現状分析から出てきた課題に対して

「誰が」「何を」「いつ」「どのように」「なんのために」

を施策(提言)としてまとめます。

※「提言」は実務補習流行語大賞並みに使います。

「マージ」と良い勝負!笑

先生からの教えは「5w1h」をちゃんと書くこと

それが具体性を持たせることになるんだよ、

ということでした。

これがなかなかできるようで難しい!

机上の空論にしないために

必要なことなんだなあと実感しました。

事例2とかで施策答える問題

あれをめちゃくちゃ密度濃くやってる気分です。

施策の制度を高めるというテーマに対して

私個人としては、提言として述べた施策に対して

「質問してもらいたい!」ということでした。

質問ってどうでも良いことに対しては

別にせんと思うからです。

結果としては提言に対して

質問をもらえました!ヽ(*^ω^*)ノ

本当の企業診断であれば

提言へのフィードバックをもとに

またヒアリングをして提言をブラッシュアップさせていく

そんなサイクルなのかなと思いました。

次への課題としては

「こんな質問が来たらこう返そう」

「そのためのコマを持っておこう」

ということです。

それを用意できなくてもその場で何かこたえる

「まさか黙りこくらないですよね!?」

を確かめるための口述試験だったのでしょう笑

3社目は、予想される質問とその回答まで

準備できるよう全力でやります!!!

⭐️診断士はポジティブが大事

振り返り会での先生のお話を聞いて

診断士ってめちゃくちゃポジティブさが

大事な仕事なんやなって思いました。

強みをどんどん見つけるっていう

企業の良いとこ探しをするのはもちろん

弱みこそも強みに変える

そんなポジティブさが前向きな提言を

生むように感じました。

人が欲しい、お金も欲しい、ではなくて

限られたものを最大限に活かしましょう

もちろん弱みや脅威を見て見ぬふりするのではなく

「ポジティブな言い換えができないか」

を意識して診断士活動していこうと思いました!

⭐️優秀なメンバー

1社目2社目と来て、

メンバーが作ってくれるデータ資料や

突っ込んでくれるポイントが

すごーすごーなるほど!すごー!

しか言葉でんくらいすごいんです笑

言葉に表すのが難しいですが笑

なんで(自分が)ここにいれるんやろ?

思った瞬間もありました

でも今はここにいてる自分よくやってるぞ!

とも思いますd(^_^o)

かれこれ6〜8時間に及ぶ話し合い

脳みそはフル回転です。

そのおかげで解散してから

おやつ食べてしまうので

どおりでワンピースがキツく感じました。

でも、そんなことはいいのです!!!

優秀なメンバーたちの中で

もがける残りの日数を

楽しんでやろうと思います。

3社目は営業・マーケティング戦略を

担当することになりました。

1回はやりたかった営業マーケ!

ブログ更新はおそらく

3社目終わりになる気がします笑

最後まで読んでくれてありがとうございました!

ではまた!よい3月を!

タイトルとURLをコピーしました