クラウドソーシング

WEBライター

・お仕事を発注する方法だよ
・群衆(crowd)業務委託(sourcing)だよ
・アウトソーシングと似ているよ

企業や個人がお仕事を発注するとき、誰に頼むかを考えますよね。

クラウドソーシングでは、不特定多数の人から、お仕事を任せられる人を選びます。

まさに「群衆(crowd)」という名前の通りです。

クラウドソーシング以前は、アウトソーシングが主流でした。

アウトソーシングは、すでに決まった相手にお仕事を発注する方法です。

実際にお仕事の受発注は、クラウドソーシングのプラットフォームを利用します。

日本で代表的なプラットフォームといえば「クラウドワークス」や「ランサーズ」です。

お仕事を発注したい人と、受注したい人がそれぞれプラットフォームに集まります。

そして、プラットフォームを介してやりとりをするのです。

詳しい使い方は、別記事で解説します。

タイトルとURLをコピーしました