【診断士】GW明けからの朝イチ経済で切り抜けた1次試験

1次試験

試験一発目の経済、どう頑張っても緊張しました。

開始からシャーペンが震えて

余剰分析の図がうまいこと書けなくて

焦ったのを覚えています(⌒-⌒; )

そんな私ですが、

ちょっとでも平常心で挑めるように

GW明けた頃から、その日の勉強を

経済からスタートさせる

「朝イチ経済」に取り組みました。

これは、なんで思いついたかというと

大阪でお世話になった先生が

「疲れた時こそ財務日和」とおっしゃっていて

(※事例4が財務だから)

じゃあその逆をいけばよいじゃないか!

といったところからです

本番は緊張したけど、

その日のスタート=経済学

っていうルーティンを作れていたので

(試験当日、朝から雷雨に見舞われても)

脳みそはいつも通り仕事してくれました

経済が得意だったり好きだったりする方は

すんなりできるかもしれません

(むしろ経済息抜きみたいな)

私はそうではなかったので

「経済しない日を作らない」ためにも

毎日経済とともにスタートを切る、

毎日を過ごしました(2ヶ月くらいだけど)

2次試験に経済はないので

かれこれ2年くらい触れていませんが

あのとき頑張った自分グッジョブ!と

今なら思えます^^

おまけ▽

・・・・・・・・

本番では、とにかく大事故を起こさないことを意識しました

なので、ファイナルペーパには、知識系ではなく

メンタル面についてを書いてました

・・・・・・・・

・最初の統計は1問取れたらめちゃめちゃラッキー超ハッピーと思う!

・余剰分析は意外と簡単なこと多い。図を大きめに書いて確実に取る

・答えが出たら次に行って後で残りの選択肢確認

→「ア」が合ってるな、と思ったらイ〜オは見ずに後で読むってこと

・見たことない、わからん問題は「ウ」にしておく

・・・・・・・

解く順番として決めていたのは、ミクロから、ということです。

経済の問題構成は統計→マクロ→ミクロなんですね。

※2020年当時の話なので、今違ったらごめんなさい

過去問5年分を振り返ると、マクロからミクロに切り替わる、12、13問目あたりがいわゆるB問題でした。

※TACの過去問題集についてるランクです

なので、本番も12、13問目あたり、ミクロの1、2問目で、すちゃっと解けそうな問題を見極めました。

最初に全問通しで問題を確認して、優先順位をつける方もいるようですが、私はとにかく早く10問分のマークをしてしまいたかったので、(比較的)できるミクロからガンガンやっていきました。

いけた!と思える10問があれば足切りは回避できるので。。。

GO!GO!ミクロ!!!

今年の試験までも100日を切り

私の身近なところでも

ラストスパートをかけてる方がいらっしゃいます

本当に、最後までしがみついて!!!

応援しています^^

タイトルとURLをコピーしました