【ファシリテーション】関西支部定例会オンライン参加レポ!

Uncategorized

こんにちは~

日本ファシリテーション協会の関西支部が行ってる月に一度の「定例会」に参加してきました!

私は会員じゃないので本来ならば参加費3000円かかりますが無料お試し参加が1度だけできるとのことただで参加しちゃいました!ヽ(^。^)ノ

そもそも何でこのサイトにファシリテーションのカテゴリがあるのかや、何でこの協会に出会ったのかなどは、追々ゆっくり書きたいと思います。長くなるのが目に見えてるんで!(笑)

まず協会について知りたいという方はここからご覧ください↓

FAJ:特定非営利活動法人 日本ファシリテーション協会
日本ファシリテーション協会は、ファシリテーションの普及を目指してつくられた民間非営利団体です。

今回参加した定例会のテーマがこちら☟


このサイトのタイトル「アイブレ!」は、皆さんご存知の「アイスブレイク」その略です。


私はアイブレやります!と言われれば張り切ってやっちゃう系なので(基本張り切り過ぎる)このタイトルにしています(笑)

てなわけで、Twitterでこのテーマを知って急いで申し込みました!

善は急げっ

申し込みはpeatix(ピーティックス)っていうアプリでやりました。イベントの電子チケットが発行されるやつです。ビジネス系から趣味系まで、幅広いイベントが掲載されてるんで、一度登録しておくと後が楽です。申し込みして、おーここでもこれ使うんかかぁ、みたいなことがあります!

Peatix: Tools for Communities and Events
Grow your communities through Groups, promote and manage your events using Peatix's robust tools on the web and the app. Simple, transparent, low fees. Customer...

アイブレは「最初にやるもの」という固定概念を捨てた

みなさんはアイスブレイクって何のためにやっていますか?

協会サイトには以下のように、簡潔に記されています。

アイスブレイク(アイスブレーク)とは、人と人のわだかまりを解いたり、話し合うきっかけをつくるためのちょっとしたゲームやクイズ、運動などのことです。

日本ファシリテーション協会 HP

きっと、セミナーやミーティングの「最初」にやることを想定する方が多いと思います。オンラインでもオフラインでも、アイスブレイクが「場をあたためる」ために一役買ってくれるのは確かです。

私が今回の定例会ではっとさせられたのが、アイスブレイクには、話し合いの疲れを活性化させる役割もあるということです。

話し合いが長丁場になれば、頭も心も疲れてきます。お互いそれが表情に出てしまったり、口数が少なくなってしまったり。そうしてせっかく溶けた氷が、また氷に戻りつつある…このままじゃ危ない…!

あぁああああああ

そんな経験がある方、少なくないと思います。特に自分が司会進行の時なんか冷や汗もんです(笑)

そんな時にもアイブレの出番です!疲れてるんですからたいそうなものじゃなくていいんです。5分程度のアイブレでぎゅぎゅっと心の距離を詰め戻す!

ちょっと体を動かす系、だと気分転換にもなるしおすすめです。ヨガのワンポーズを皆でやってみる、とかもいいよね~ってベテランの方に教わりましたヽ(^。^)ノ

アイブレの出番は決して最初だけじゃない。話し合い途中のピンチヒッター!必要であればいつでもどこでも助けを求めりゃいいのです。

オンラインMTGの楽しさと難しさ

恥ずかしながらフリーター受験生の私は今回「Zoom」初挑戦でした。

機能なんてこれっぽっちも知らんくて「グループ分けってどうやってやるん?」と
ほんまそのレベルで参加したんですが、何とまぁ「ブレイクアウトルーム」なんていう機能があって、無料でこれは素晴らしすぎると思いました。

メインルームからブレイクアウトルームに散らばる時に、メインのファシリの方が「いってらっしゃ~い!」って案内してたのが面白かったです。

逆にブレイクアウト⇒メインにみんなが戻ってくるときは「おかえり~ヽ(^。^)ノ」って(笑)

リアルな場でのグループワークは、他のグループの人の動きが見えるけど、ブレイクアウトにいる間は他のグループの動きが一切見えない。それぞれが瞬間移動を繰り返してるかのようで、ほんまにほんまに楽しかった!なんか非日常!!!

ただし…


ワークの状況が他から全く見えない分、話し合いの過程や成果の「見える化」の重要性が増したような気がしました。

グループワークしたら大抵は、各グループの代表者が全体の場で、グループで話し合った内容を発表する、という時間が設けられると思います。

内容を発表する時にも、リアルな場と違って会場全体(参加者全体)の様子が見えへんから、発表者以外のグループメンバーが発表者の助っ人として入るタイミングが難しい。

発表者も、聴き手の様子が見えへんから、こんな感じで大丈夫?っていう不安が少なからず残ります。
 

重要度を増す話し合い内容の可視化

話し合い内容の共有にあたっては、成果物の作成がこれまで以上に重要になると感じました。

同じグループの人が成果物を見て、その内容を共通認識として持てるのは大前提のこと。ただし、他の人にも伝えるためにも、より具体的に書いておこうという意識が必要と思いました。なので書記の役割もなかなか大変です。聴いて⇒書く、だけじゃなく聴いて⇒まとめて⇒書く。

これは、リアルに模造紙に書き出すだけでも重労働ですが、ウェブ上だとどうしたらいいんでしょうか?

今回は、グーグルスライドというサービスを使って可視化しました。

Google Slides: 無料のオンライン スライドショー作成ツール | Google Workspace
Google Slides を使用してオンライン スライドショーを作成しましょう。どのデバイスからでもリアルタイムで安全に共有して、優れたプレゼンテーションを共同作成できます。


もちろん私、これを使うのも初めてでしたが、なんとなーくパワポの要領で使えることは分かりました。(パワポとの互換性もあるらしい)

そして、何人かで同時に編集が出来たり、誰がどのスライドを見ているかもわかったり、これパワポどころじゃないただもんじゃない!と言うのが正直な感想です。(パワポ知り尽くしてるわけじゃないんですけどね…(笑))

しかも、それぞれのデバイスに保存しておけるから、ホワイトボードの写真撮ってどこやったっけともならへんし、この模造紙誰が持って帰る?もならへんし、総じて良いです!ここで成果物をお見せできないのは残念ですが…


オンライン上でも、ホワイトボードや模造紙の役割を果たしてくれるツールは他にもいろいろあると思うので、ちょっとずつ知っていこうと思います。

☆まとめ☆オンラインならではの助け合いが必要!


zoomチャット機能だって全員に送れたり、特定の人に送れたり、私は今日そんな基礎の基礎を知ったわけなんですけど、大感動で、もっといろんな機能を知って、使いこなせるようになりたいと思いました。


けど、オンラインで人と繋がるということは、ただただ自分がそういう機能に精通してればよい、ということじゃなく、その場に参加する人が、同じようにその機能を使えるようにサポートしたり予期せぬ不具合をみんなでリカバリーしたりする力も、同時に求められるんだと思いました。

リアルなMTGでも課題が一杯見つかるように、オンラインMTGでもそれは一緒で、最初は大変なこともいっぱいあるやろうけど、新しい可能性もいっぱいやと感じました!

私も協会に入ります!

年会費10000円は、年度のどのタイミングで入っても一緒やし、どうせならキリ良いところで入ろうと思い、来年度(2021年4月~)の入会を考えていました。診断士の講座が土曜日やから定例会には行けへんし…( ノД`)


けど、このオンラインMTGへの過渡期ともいえるこの時期に、しっかりその輪の中にいることが大事と考え、(すでに私は乗る遅れてる感半端ないけど!笑)早速入会手続きをしました!!!

やる気まんまーん


今回13:00~17:00までみっちり4時間参加して、半日かけてふか~いコンテンツを享受できるのであれば、1回3000円なんてお安いものだと思いました。

年会費は10000円なので、会員になるのが120%お得やんと思い、早く入会金を払いたくてたまらないです!!!

ファシリテーションの実務経験は問われへんし、なんなら学生価格なんてのも設定されてて(大人の半分♫)、お試し参加も出来て、沢山の人に間口が広げてあって親切な協会やなぁと思いました。


これからずっと末永く良いお付き合いになりますように!

今年はコロナで難しいかもしれんけど、定例会後の飲み会(通称:泡会?!)とか、合宿研修にも、ばんばん参加してみたいです!楽しみです!!!

ほなまた~ヽ(^。^)ノ

タイトルとURLをコピーしました